• 口コミでわかった浮気調査徹底比較
  • 浮気徹底調査できる興信所ランキング
  • 離婚の時に使える浮気、不倫の証拠となるものは?

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    離婚の時に使える浮気、不倫の証拠となるものは?

    Pocket

    不倫、浮気をしているんじゃないかと疑ってかかっても,浮気の証拠がなければ全く意味がないものになることが多いのです。

    不倫、浮気の証拠がない状態で相手に問いただしたらどうなるでしょう。

    浮気の証拠なくして問いただした場合

    パートナーである夫や妻に浮気の証拠もなく相手に問いただしたり、詰め寄ったりして聞いてしまった例のよくあるケースとしては

    結局相手に丸め込まれてしまう。

    喧嘩して終わってしまう。

    完全に隠されてしまう。

    など全く意味がなく2人の関係を悪化させるだけで、信頼関係を完全に失ってしまう最悪の結果を招くような事態も考えられます。

    やはり、浮気の証拠がなければ相手を追い詰めるような行動はできないのです。

    浮気を疑ったら、まずすること

    パートナーである夫や妻に対して浮気を疑ってまずすることは「冷静」になることです。

    冷静になって自分の置かれている立場を考えましょう。

    パートナーである夫や妻の関係はもちろん、家庭環境や収入、お子さんのの有無など立場や関係性、おかれている状況をしっかりと把握することを行い、冷静に行動するのです。

    もし浮気を理由に適正な慰謝料や離婚を請求するためには、浮気の証拠がなければ相手に追求することもできずに余計と隠されたり警戒心が強くなりもっと悪化させる事態となります。

    関係性を悪化させてしまい起こる最悪の事態とは?

    離婚などを考えた場合で裁判にまでもつれ込んだ場合、確実な証拠があると慰謝料も適正な請求ができますが、何もなく勘だけでパートナーである夫や妻を問いただすだけで追い詰めても、何も請求できずに終わってしまうようなことは多くみられます。

    そのような最悪の事態を避けるためには、確実な証拠は必要となります。

    では、確実な証拠とは一体必要となるのでしょう?

    夫や妻に対して浮気を認めさせる確実な証拠とは

    確実な証拠は、浮気に対する自白

    パートナーである夫や妻に対して信頼関係、浮気や不倫をしていても2人の関係性がある程度の関係性や信頼感があるのであれば「自白」を頼りに信頼するのも良いでしょう。

    しかし、パートナーである夫や妻に対してすでに信頼関係もなくなっていた場合も含めて、相手に対して問いただした時パートナーである夫や妻に浮気や不倫を認めたとしても浮気の証拠とはなりえますが、言った言わないの水掛け論になってしまえば相手の思うつぼです。

    さらには、話がこじれてしまった場合、離婚の裁判ではほとんど使える証拠とはならないものです。

    メールやLINE,SNSなどの証拠

    メールやLINE、SNSなどに関しては、浮気の兆候を感じ取るには確実な方法ですが浮気の証拠というにはかなりの結果を残さないといけないでしょう。

    例えば、「浮気しています」など宣言するようなありえない大胆なやり取りしているならまだしも「会いたい」とか「またHしたいな」程度では、浮気の証拠として、パートナーである夫や妻に「するり」と冗談で程度でかわされてしまうしまう可能性もあります。

    メールやLINE、SNSなどを浮気の証拠の一つとして使うのは良いのですが、そのかわした内容を記録しておくことが重要となります。

    他にも浮気の証拠がある中での1つの使える証拠とはなるでしょう。

    カーナビや地図アプリの履歴を利用する

    今は、カーナビや地図アプリの等の履歴で浮気のために行く旅行や利用したホテル等の履歴を検索できますが決定的な証拠とはならないのも事実です。

    履歴を他の媒体に記録することは、重要ですが、これも浮気の証拠の一つとしては利用できますが、決定的とは言いにくいのではないでしょうか。

    裁判でも使える決定的な証拠とは

    ではどうしたら浮気の決定的な根拠となるのでしょうか。

    決定的な証拠は不貞行為の現場を押さえることです。

    それには、やはりホテルに入る所のなど不貞行為を行う「写真」です。

    YUUSEI85_yomichiwoaruku15224106-thumb-autox1000-12473

    浮気をして不貞行為をしているという逃れようのない写真があることによって浮気の決定的な証拠となるのです。

    裁判でも確実に使える不貞行為を認めさせるような写真は、2人の顔の写った写真が決定的な浮気、不倫の証拠となります。

    例えば

    ラブホテルに入る瞬間とは、確実な浮気、不倫の証拠となるでしょう。

    どのような方法で集める浮気の証拠

    しかし考えてみるとそんな瞬間の写真はなかなか取れません。

    浮気、不倫が確実にわかっていても顔もわかって、2人でいて、ラブホテルに入る瞬間で、さらには相手に気づかれなく写真を撮影することができるとは到底思えません。

    決定的な浮気の証拠を得るためには、やはりプロ、専門家にお願いするのが確実ではないでしょうか。

    素人には浮気調査に限界があります。

    どんなよい機能のカメラでもパートナーである夫や妻と浮気相手の2人顔が映ってなければ、結局裁判では意味がなさないこともあります。

    浮気の証拠となるもののまとめ

    素人が決定的な瞬間の写真を撮って浮気の証拠を押さえることは、本当に難しい。

    だからその道のプロ、専門家にお願いしたほうが確実に裁判では慰謝料が取れます。

    浮気、不倫の決定的な証拠となるのは、パートナーである夫や妻と浮気、不倫相手の2人の写った写真です。

    Pocket