• 口コミでわかった浮気調査徹底比較
  • 浮気徹底調査できる興信所ランキング
  • 探偵の費用の相場は?わかりにくい料金を調査してみる

    トップページ
    お気に入りに追加

    探偵の費用の相場は?わかりにくい料金を調査してみる

    Pocket

    浮気調査の探偵の費用はいくらなのでしょうか?

    浮気調査では、尾行調査により浮気現場の証拠を押さえます。浮気の調査をする上で欠かせないのが尾行です。

    そして尾行で調査対象であるパートナーである妻や夫に対しても気づかれないのが基本ですし、調査員のプロとしての仕事です。

    ですから安全のためにも調査員の交代もしますし、ある程度調査員の人数を使わないといけないケースも出てきます。

    そんな中でも尾行調査は2名体制が基本です。

    基本的な調査時間は?

    探偵事務所、興信所によっては、最低調査時間が決められているところがあったり、調査員の人数と時間で決まることが多いです。それが探偵事務所や興信所に求められる浮気調査の費用の基本となります。

    そこでトラブルとなりやすいのが諸費用です。

    基本料金が別にかかったり、車を使用すると車両代がかかってくることもあります。

    探偵や興信所にかかる費用で気を付けなければならない諸経費

    探偵事務所や興信所では、諸経費を後々請求されるケースも少なくないようです。

    後々別途に請求されるため、費用のトラブルになるケースも多く、あらかじめ確認する必要がある費用の一番の内容ではないでしょうか。

    探偵事務所、興信所でかかる費用の一例としては

    車両代はおおよそ1日当たり1万円前後が多いようです。

    車両代も経費として費用に加算されるところもあるのですが、入店費など店などに尾行するするために入る費用も請求されるケースもあるようです。

    大切なことは、経費も頭に入れておく

    契約した時間で終わらないと延長料金がかかることも多くあらかじめ確認が必要です。

    1時間あたりの調査費用の相場として

    調査員2名で1時間当たり1万円から2.5万円くらいだと思います。

    興信所や探偵によって変わると思いますが時間当たりの費用が掛かることが一般的です。

    時間当たりだけ計算してしまうと経費の問題もあるのでしっかりと頭において見積してもらうことが良いかと思います。

    経費として掛かる、見逃せない費用

    経費として考えられるのは

    ・移動費(電車、バス、タクシーなど)
    ・入店費(飲食店での尾行の際の飲食代など)
    ・宿泊費(出張して尾行する場合など)
    ・駐車場代
    ・ガソリン
    ・消耗品費(録画用テープ代など)

    などです。

    そこに最終的な浮気調査の費用として計算すると

       基本料金+人数×時間+車両代+経費 

    になると思います。

    探偵の費用の相場は?わかりにくい料金を調査してみるのまとめ

    わかりにくい料金体系の探偵事務所や格安探偵事務所、興信所は避けた方が良いでしょう。

    後からの請求が出てくるケースも少なくないようでトラブルの原因ともなります。

    必ず事前に見積りで正確な費用を確認しておきましょう。

    便利な後払い、成功報酬の探偵事務所、興信所もあります。

    しっかりとした興信所、探偵を費用面から選ぶことも大切かと思います。

    安心できる探偵事務所、興信所のランキング

    ランキングバナー

    Pocket