• 口コミでわかった浮気調査徹底比較
  • 浮気徹底調査できる興信所ランキング
  • 夫が浮気した時にする5つの行動

    トップページ
    お気に入りに追加

    夫が浮気した時にする5つの行動

    Pocket

    まさかうちの旦那に限ってなんて思ってませんか。結婚後1~3年以内に浮気をする確率は、35%以上だと言われています。

    この結果から考えてみれば、両隣か自分の旦那、いずれか3人に1人の夫は浮気しているのです。

    浮気を疑ってばかりでは夫婦関係を壊してしまうこともありますので注意は必要なのですが、女の勘は間違っていないようです。

    以前のコラム『妻の勘は9割当たる!妻は浮気調査のためこんなところを見ている』でも書いたように浮気を疑ったら9割は妻の勘は合っているというそうです。

    では、信頼していた夫に浮気されたとき、どんな行動をとったらよいのでしょうか。

    1.まず悲しむ

    2.冷静になる

    3.浮気が許せるのか考える

    4.自分の立場も考える

    5.今後を考える

    5-1.浮気を許せるなら夫婦関係を修復する

    5-2.浮気を許せないなら離婚を考える

    5-2-1.離婚するなら浮気の証拠をしっかり押さえる

    5-2-2.浮気相手に制裁を与える

    5-2-3.夫にもしっかりもらう

    事でしょう。

    1.まず悲しむ

    信頼していた生涯のパートナーである夫に裏切られて浮気をされたら悲しみはきっと大きなものとなるでしょう。夫を愛していればいるほどこの裏切りに対する悲しみは強く、普通の生活を送るのも苦しいことでしょう。

    夫は、軽い気持ちで浮気をしていたのかもしれないが、浮気された側の妻の気持ちはきっとわかってもらえないはずです。悲しみも深まります。

    2.冷静になる

    悲しんでばかりでいれません。

    怒りが生まれてくるでしょうが、いったんは冷静になりいろいろと考えることが必要です。不安や怒りを通り越してしまい、冷静さを取り戻しましょう。

    夫が浮気した場合の多くは、ここで冷静になれずについカッと熱くなってしまい喧嘩をしてしまいます。

    そして多くの場合は、口げんか等で夫に丸め込まれてしまいます。残念な結果が生まれることでしょう。

    3.浮気が許せるのか考える

    夫が浮気した場合、浮気自体が許せる大きな心を持っているのかと言うことです。浮気を許せるという妻はほとんどいないと思いますが、夫も反省をしていて家族、子供の事を考えると許さないわけにはいかないような状況も考えられるでしょう。

    しかしここで大きな選択となります。

    浮気を許す方向ならきちんと話し合いの場を持って浮気の証拠もほどほどでもよいと思いますが、もう浮気をしないという旦那さんに誓ってもらいたいものです。

    もし、浮気を許せないのであれば離婚を考えることも考えましょう。

    4.自分の立場も考える

    気持ちが落ち着いたところで自分の置かれている立場も考えなければなりません。家族があり、子供もいるのかこれからの生活費や子供の学費、将来も考えなければなりません。

    5-1.浮気を許せるなら夫婦関係を修復する

    浮気を許して、夫も反省している。

    もう浮気をしないと誓ってくれたから何とか夫婦関係を修復したいと考える。家族のため子供のためには仕方ない。そんな大きな心を持っているのであれば仕方ないことでしょう。

    しかし一方では、泣き寝入りする妻も多いのではないでしょうか。浮気によって夫婦関係が崩壊してしまうとなかなかギクシャクしてしまい夫婦関係もうまくいかずに復縁も難しいようです。

    そんな時には、夫婦カウンセラーなどによって夫婦関係を修復することもできるでしょう。夫婦カウンセラーも充実している 探偵事務所 浮気徹底調査隊!AMUSE(アムス)

    5-2.浮気を許せないなら離婚を考える

    もう浮気は絶対に許せない。

    そう思う妻は多いはず。浮気する男はまた繰り返すともいわれているし浮気は許せない。離婚を決意したなら浮気の実態を把握しなければなりません。

    浮気相手の事や浮気の証拠も掴まないといけないでしょう。

    5-2-1.離婚するなら浮気の証拠をしっかり押さえる

    浮気の証拠をしっかり押さえないと今後の生活やお金に関して損をすることになります。浮気の証拠とは、もし離婚裁判になった時でも裁判で使えるような証拠となります。

    具体的には、過去のコラム『離婚の時に使える浮気、不倫の証拠となるものは?』でもあるように不貞行為の現場が浮気の証拠となります。この浮気の証拠があいまいだと浮気相手に対する慰謝料などにも大きく影響することでしょう。

    そこで調査力が業界随一の探偵事務所がおすすめです。 原一探偵事務所はこちらから

    5-2-2.浮気相手に制裁を与える

    浮気調査によって浮気相手の事がわかったら浮気相手にもしっかりと社会的、金銭的な制裁を加えてあげましょう。夫を奪われて、家族を壊された悲しみと怒りを浮気相手にしっかりと制裁を与えてあげましょう。

    しっかりとした浮気の証拠があれば問題なくこの制裁もできるはずです。

    5-2-3.夫にもしっかりもらう

    浮気相手だけでなく浮気をした夫ももちろん悪いわけですから、慰謝料や養育費の事をしっかりともらいましょう。

    そのためにも離婚裁判とはいかなくても調停などでもきちんと決まり事を作った方があとあと良いでしょう。

    浮気をした夫にはしっかりと反省をしてもらいましょう。

    Pocket