• 口コミでわかった浮気調査徹底比較
  • 浮気徹底調査できる興信所ランキング
  • 不倫をこじらせる女の本音

    トップページ
    お気に入りに追加

    不倫をこじらせる女の本音

    Pocket

    不倫や浮気をする理由はいろいろあるが、典型的な不倫女の末期症状的な関係や告白をまとめてみました。

    不倫をなんとも思わない女たちの実情とは一体どんな心理があるのだろうか?

    「長年付き合っている彼氏もいるし、結婚も考えているけど、独身最後に後腐れない相手と遊んでおきたい」

    「結婚欲もなくなってしまったし、付き合う相手に結婚を求めないから相手は独身でも既婚でもどちらでもいい」こんな悪気のない女たちはパートナーである夫と浮気、不倫をしている可能性も高い。

    恐ろしい考え方である。

    軽い気持ちでこんな女たちがパートナーである夫の職場に存在しているかもしれないと考えるとパートナーである夫の怪しい行動は浮気調査をしないといけないよな感覚になってしまう。

    不倫をこじらせる末期症状の女たち

    不倫なのにセックスレス

    付き合って3年になる不倫相手と、最近はすっかりセックスレスだと関係に疑問を抱いている女性A

    「不倫が始まって3年も経てば、夫婦だって、普通のカップルだってセックスレスになりがちなものだから、仕方ないのかなとは思うんですが、夫婦なら『セックスはなくても家族として信頼できればいい』って考えられるけど、家族になれるわけでもない不倫相手と、セックスなしの疑似家族みたいな状態になっても先がないですよね。

    かといって、『セックスできるほかの相手を探します!』って割り切れるものでもないし困ってます。

    かなり不倫にはまってしまい関係性をこじらせてます。」

    こんな不倫女も増えています。

    男性側も関係性が切りにくくなっているのかもしれませんね。

    顔を職場や近所で合わせる為、余計に不倫関係がこじれているのかもしれませんね。

    とにかく不倫相手の健康が気になる

    15歳年上の男性との不倫も2年目になるという女性Bさんは、最近はとにかく相手の健康が気になってしまうらしい。

    不倫相手はもう50歳近い年齢。

    昨年、体調を崩して入院したのをきっかけに、糖尿病の気があるからと食事を節制するようになったんです。

    不倫関係が始まったころは、おいしいお店に連れていってくれるのが楽しみで、『嫁にこんなハイカロリーなもの食べてるって知られたら怒られちゃうよ』と言っているの聞いていたのですが、なんとも思わず会話をしていた。

    健康管理なんて奥さんが気にかければいいし、私は一生付き合うわけじゃないんだから関係ない。会ったときにおいしいもの食べられればいいって考えていたんだけどそれが次第に・・・

    でも、付き合いが長くなるにつれて少しでも長生きしてほしい! なんて思うようになっちゃってもうどうしようもないなって・・・

    最近では食事の時はハイカロリーなものは避けるし、糖尿病を意識した食事の栄養バランスを考えたご飯を作ったりもするようになってきました。こんなに甲斐甲斐しく彼の体を気遣っても、彼と家族になれるわけでもないし、看取れるわけでもないんですけどこじらせてますよね。

    こんな好きとか恋愛関係ではなくなぜだが家族愛まで生まれてしまいへんな不倫関係となってしまいいわゆる切っても切れない関係となってしまっている。

    かなり不倫をこじらせてしまっている。

    不倫をこじらせる女の本音のまとめ

    いずれも、情欲からはじまった関係が家族のような信頼関係になってしまった典型的例。

    この不倫もひとつの愛のかたちなのかもと思いつつも、育んだ疑似家族関係の先には何もないのだと思うと、不倫をこじらせてしまった女たちにはもう、行くところまで行き着くしかないのでしょうか。

    これも早めにパートナーである夫の不倫、浮気に気付いてあげればこんなに不倫関係をこじらせることはなかったかもしれない。

    早めの不倫や浮気の兆候を見抜いてあげてパートナーである夫の浮気を防いであげましょう。

    もし不倫が見つかったなら無料相談へ

    moushikmimu

    Pocket