• 口コミでわかった浮気調査徹底比較
  • 浮気徹底調査できる興信所ランキング
  • 浮気の実態

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    浮気の実態

    Pocket

    浮気の調査をしていると驚くべき浮気の実態がわかってきます。
    最近の浮気の傾向と浮気の理由などの傾向を掴んで浮気の証拠を調査したり、浮気防止にも役立つはずです。
    浮気の理由
    浮気相手
    浮気の見抜き方
    浮気調査のプロと素人の違い、を中心に浮気についての傾向を観ていきましょう。

    浮気の理由

    浮気の理由で最も多いのは、長く付き合った先にある夫婦間のマンネリです。
    長く一緒にいることで、いつしか互いを異性として意識することもなくなり、新鮮な気持ちや刺激が薄れてしまうのが大きな原因ではないでしょうか。

    実際に熟年者の離婚も増えていて夫婦関係がとっくに消滅してしまった関係で浮気をしている、もしくは浮気に手を出してしまったという相談も多いようです。

    いつしか長い結婚生活の果てで異性を外で意識するようになり、浮気にはしる、そんな浮気も多いのです。

    夫婦間のマンネリは、自然とセックスレスを引き起こしますので、体目的の浮気もしくは、風俗通いといった問題が多いのです。

    ここ数年では妻の浮気が急増しております。

    ドラマなどの影響や社会進出なども高じて、自分の存在感を認めてもらいたいという欲求の表れかもしれませんが、妻の浮気が急増しており、浮気調査をする探偵事務所、興信所にもパートナーである夫からの相談も増えています。

    これらの浮気の原因を知るとどうも浮気をした側だけに問題があるとはいえません。

    なぜ浮気をさせてしまったのか、それを互いで考える事がベストな結論を導く鍵なのではないでしょうか。

    浮気の相手の傾向

    男性の場合

    1位 仕事関係

    2位 キャバクラホステス

    3位 趣味や習い事仲間(年配者に多い)

    4位 出会い系

    5位 友達、元恋人

    女性の場合

    1位 勤務先の同僚や上司、取引先の関係者

    2位 サークル、習い事の仲間

    3位 元交際相手 同級生

    4位 出会い系

    5位 ご近所さん

    この浮気相手の傾向からみて普段の生活から出会うことが男女とも多いようです。

    更には、定番であるかのような『元カレ、元カノ』なんてのも見逃せないところかと思います。

    浮気の見抜き方のチェックポイント

    浮気を調査するうえでは、浮気をチェックすることでまずは浮気をしているのか?という疑問をもち浮気をしているという確信をして浮気の証拠をつかむ、という段階を得るのが得策ではないでしょうか。

    1.残業

    仕方のない残業もありますが、急に遅くなるやいつもの帰りよりも遅い・・・

    これの言い訳が残業だったら結構怪しいかもしれません。

    さらに残業に対しての愚痴の一つくらいは言うでしょう。

    それもなしの残業は怪しいかもしれませんね。

    2.携帯、スマホ

    携帯、スマホにはいろいろな情報が入ってます。

    携帯をやたらと気にすることやロックを急にしだした、スマホでの通知表示が変わったなど、普段と違うような行動が出てきたら要注意ですね。

    しかし、携帯、スマホの中身を見ることはかなりの覚悟が要ります。

    中身を見るなら決心をしましょう。

    3.休日

    休日を別々に過ごすということは、お互いの時間を作れないことで気持ちが離れてる場合もあります。

    男友達との約束を優先する、上司に誘われたなど仕方ないように思えますが中には浮気の手段として使うことも考えられます。

    気を付けましょう。

    しかし、ただ疑っても肝心な証拠がなければごまかされることも多くあり口喧嘩をするだけで何も得られません。

    まだまだ、浮気を疑うような怪しい行動はたくさんあると思います。

    浮気を疑うことが良いとは言えませんが、怪しい行動をとるようになれば誰でも心配になることでしょう。

    しかし、そのあとの行動が大切ではないでしょうか。

    浮気を疑うから浮気していると確信した時です。

    パートナーである夫や妻が浮気相手といることを想像してみてください。

    許せますか?

    人それぞれだとは思いますが、許せない人は離婚という解決方法を選択するべきだと思います。

    離婚をもし決めたなら、安易な行動は金銭的にも、肉体的にもさらには精神的に疲れ果て損をしてしまいます。

    そんな時は、興信所や探偵を使って真実を知ることで解決すると思います。

     

    浮気調査のプロと素人の違い

    パートナーである夫や妻のことをいくらよく知っているかといって浮気相手とのメール画面や街中を一緒に歩いている現場を写真等で撮るだけでは、きちんとした立証能力のある写真になりません。

    もしもの時でも絶対的な力ある証拠とならないことも多くあります。

    そのうえ、ご自身で証拠集めをすることはパートナーを警戒させる可能性も大きくおすすめできません。

    もし、疑っていること、写真を撮られることやメールなどを見られていることに気付かれてしまっては警戒心を強く持たれてしまいすべてを証拠消滅されてしまい、浮気相手との行動も制限してくることでしょう。

    証拠写真

    証拠写真は、探偵や興信所の調査員であるプロが撮影すると、たとえば、「ホテルに2人で入る場面」など、肉体関係があることを強く意味するすなわち不貞行為を証明できるものを撮影します

    探偵や興信所の調査員であるプロは、確実にそのような不貞行為の現場を抑えることができます。

    さらに必要なのが、浮気相手の顏も確認できる証拠を残すため、今後の役に立つことが多いです。

    残念なことに街中や喫茶店に2人でいる写真は、裁判で使えるような浮気の証拠にはなりません。

    また、探偵や興信所の調査員は、情報収集のプロであり、隠されてしまうかもしれない証拠は素早く対応し時間がかかる証拠は根気よく夜でも休むことなくチャンスを待つことでしょう。

    まとめ

    浮気相手は、身近なことろにいるケースも多いことから自分でできる浮気の調査だと思いがちですが、とても危険を伴います。

    言い争いだけをするならそのような自分でできる調査でも構わないと思いますが、離婚の決心、浮気相手からの慰謝料などを考えるなら探偵や興信所に相談した方が良いでしょう。

    Pocket